発毛剤 内服

 

飲む発毛剤は外用の発毛剤よりも効き目が高いといされていることから、AGAの男性から支持されています。
内服できる発毛剤となるのは、フィナステリド。
一般名はプロペシアです。
成分として配合されているフィナステリドの量は1mgで、これ以上摂取するのは過剰と言われています。
日本では、病院処方で入手できますが、診察費や処方費、薬剤代などを含めると28錠で1万円ほどかかってしまうことが欠点です。
どうしても安い値段でフィナステリドを購入したいときには、通販で入手するしかありません。
ですが、フィナステリドは副作用が出る心配のある薬のため、医師の処方によってもらう方法が安全です。
フィナステリドが配合されている飲む発毛剤としては、プロペシアのほかにも、フィンペシアやエフペシア、フィナロ、フィナバルド、フィンカー、プロスカー、デュタス、アボダードなど種類がいくつかあります。
このなかにはジェネリックもあり、先発医薬品よりも安い値段で購入できることから人気があります。
フィナステリドのほかに内服できる発毛剤が、ミノキシジルが配合されたミノキシジルタブレット。
一般名はロニテンです。
ロニテンのジェネリックはノキシジル。
フィンペシアとミノキシジルタブレット、二つの飲む発毛剤を併用すると高い効果が実感できるとされています。

 

何処が違う?フィンペシアとエフペシア

最近話題の育毛剤、フィンペシアとエフペシアの違いについて調べてみました。
このふたつ、どちらも成分的にも価格的にも一緒なので、何がちがうのか気になったんですよね。
で、実際に少し調べてみて分かったのですが、違いはジェネリック医薬品であるかどうかが大きいみたいです。
どちらもプロペシアという育毛剤と同じに作られている後発品ですが、前者がジェネリックではなく、後者がジェネリックみたいですね。
あとはフィンペシアで使っているコーティング剤に含まれる成分をエフペシアでは使っていないとか何とか。
そこもエフペシアのほうがちょっとだけ高い理由かもしれません。
どちらにしても発売メーカーも変わりませんし、完全に個人の好みで選んでもいいレベルみたいです。
さて、自分はいったいどちらの育毛剤を使おうか・・・逆に悩みどころです。

 

 

プロペシアという薬

 

プロペシアという薬を飲み始めた知人がいます。
医者に勧められてのことだったようです。
なんの薬なのかといえば...薄毛治療のための薬なんですよね。
私としては薄毛にまで治療薬があるとは全くの無知だったので、非常に驚きでした。
なんでもプロペシアは世界初の薄毛治療薬なのだそうです。
各国で治療に用いられていて、信頼性も高いんだそうですね。
もちろん個人差あってのことでしょうから、効果が強すぎて副作用が...なんて事は有り得るんでしょうけど。
特にプロペシアは成分の威力が凄いので、注意は必要みたいですよ。
生えなかった髪の毛を生やす薬ですからね。
強くて当然って気がしますよね。
知人の頭は薄いのが当たり前な感じだったけど、どこまでフサフサしてくるもんなんだろう。
人ごとなのに、なんか楽しみだったりします。
何よりトラブルなく、うまく治療が進むといいんですけどね。
自分も薄毛に悩むようになったら、薬という手もあることは選択肢に入れていかないとな。

 

更新履歴