発毛剤 内服

 

飲む発毛剤は外用の発毛剤よりも効き目が高いといされていることから、AGAの男性から支持されています。
内服できる発毛剤となるのは、フィナステリド。
一般名はプロペシアです。
成分として配合されているフィナステリドの量は1mgで、これ以上摂取するのは過剰と言われています。
日本では、病院処方で入手できますが、診察費や処方費、薬剤代などを含めると28錠で1万円ほどかかってしまうことが欠点です。
どうしても安い値段でフィナステリドを購入したいときには、通販で入手するしかありません。
ですが、フィナステリドは副作用が出る心配のある薬のため、医師の処方によってもらう方法が安全です。
フィナステリドが配合されている飲む発毛剤としては、プロペシアのほかにも、フィンペシアやエフペシア、フィナロ、フィナバルド、フィンカー、プロスカー、デュタス、アボダードなど種類がいくつかあります。
このなかにはジェネリックもあり、先発医薬品よりも安い値段で購入できることから人気があります。
フィナステリドのほかに内服できる発毛剤が、ミノキシジルが配合されたミノキシジルタブレット。
一般名はロニテンです。
ロニテンのジェネリックはノキシジル。
フィンペシアとミノキシジルタブレット、二つの飲む発毛剤を併用すると高い効果が実感できるとされています。

 

更新履歴